2009年11月30日月曜日

レイアウト

いじってみました。
ヘッダー部分の物足りなさは何だろう・


今日2日ぶりに耳鼻科に行き、
実に6日ぶりに耳の詰め物(行く度に変えてもらってます)が外れたんですが、
まだ中耳炎はじんじんしてます・

先生もまだ赤みがあるとのこと・
色々調べてたんですが、中耳炎って結構長期戦なんですね。
1ヶ月とか下手したらもっとかかる人もいるそうで。
耳は異変を感じたらすぐに行かないと難聴になったりするので、
皆様お気をつけあそばせ・

birdland?

深夜の天気予報はえげつない。

CHにかかわらず、クラシックやジャズを流しているのですが、眠れないときはひたすらそれを見てしまう。

TV付けたまま爆睡してたので、夢の中で夢と半分分かりながらも夢の中に浸かっているそんな状態。

最近、いろんな人に会いたいと思う所為か、懐かしい人が夢の中に出てくる。
それはもうぞろぞろと。

で、さっきまで夢を見てたのですが、自分は前の職場で働いているようで、何かよく分からんのだけど、上司と見られるおばちゃんがリクエストした曲が帰宅途中に何故かPVで夢の中で流れるんですが(この辺からして意味不明)それが、現実世界と連動して頭の中でジャズトリオの演奏が流れてるわけですよ。
で、その次何故だかポーティスヘッドのライヴ映像が始まったわけですが、そこで夢から覚める見事なオチ。
ふざけてんのかと。

風呂にでも入ってくるか。

2009年11月29日日曜日

nein! nein! nein!

昨日、イングロリアス・バスターズを見てきました。
なんだか映画にメジャー感があったような気が。


ところどころで笑わせてくるんですが、ちょっとバイオレンス度が低いような・
でもクリストフ・ヴァルツの小憎たらしい演技はブラヴォーでした。
この作品でカンヌ国際映画祭 男優賞を受賞したとのこと。
納得。
ドイツ語フランス語などなど流暢に喋るところは素晴らしかったです。
(調べてみたら、私の愛したギャングスターにも出演していたようで。ええー!早速VHSで確認致してみます!)
でも作品としてはデス・プルーフの方が私は好きですねえ。

デス・プルーフはガールズトークがタルいという話をちょこちょこ聞きますが、
そこが良いんだよと。
ラストのかかと落としも爽快じゃないかと。
カート・ラッセルのへたれっぷりに何より爆笑。
前半のクラッシュシーンを3回アングルかえて見せてくれるところも大好きです。


映画見終わった後に、実はネットでその映画の批評(?)というか感想をチェックするのが恒例なんですが、色々見てて、ジャッキーブラウンやらパルプフィクションやらレザボアドッグス(実はこれはまだ見てない)を引き合いに出しているものもちらほらと見受けられ。

そういえばジャッキー・ブラウンどんな話か覚えてねえや。パルプフィクションは面白かった記憶はあるけど断片的にしか覚えてねえやと思い至り、ふと録画してあったVHSを見返してみる気になったのです。

で、パルプフィクションを見てみました。
あれー、コンパクトな構成なんですねえ。
昔も今も撮り方は変わってないんだろうけど、すっきりしている気がします。
サミュエル・L・ジャクソンのあの髪型に非常に好感が持てます。
トラボルタが若い。そしてまだ細い。
ユマ・サーマンの話より、金の時計の話が好きなんですが、受け継がれてきた時計の隠し場所のことを考えると、いやいやいや、と突っ込みたくなる。
一連の展開がテンポ良く、笑わずにはいられません。
見終わった後も、後から後から笑いがこみ上げてくるというか。
また色々タランティーノの映画を見返してみたい気になっている今日この頃です。
 
 
 
 

テスト投稿。
picasaのフォルダから投稿してます。
Posted by Picasa

画像テスト



画像を組み込んでみよう。
見えてますか???

デザイン

カラフルなやつにしましたが、何かすぐに飽きてしまいそうな気配が。
とりあえず、デザインはいじらず、ちょこちょこ写真をあげてこうと思います。

flickrとpicasa

両方アップロードしてみました。
使い方がイマイチ分かってません・

test

test