2010年7月25日日曜日

物語はちと不安定



TIME BOMBに、N'夙川ボーイズのインストアライヴに行ってきました。
缶バッチと生演奏目当てに。

ちょっと早めにタイムボムへ行くと、夙ボがインストアのリハやってて内心、狂喜乱舞。
そしてマーヤ氏のあまりのかっこよさに卒倒しそうになりました。
キングブラザーズの時の狂犬っぷりしか知らなかったので、こう、ラヴ&ピースなバンドの雰囲気は非常に新鮮でした。

ライヴの終盤、マーヤ氏がMCで言ってたことにグッときた。
海外ではレコ屋もどんどん潰れてて、アメリカのタワーレコードは倒産したくらい。
CD/レコードが買えるのはC○OPみたいな所で、更にジャンル分けとかもされてなくてひたすらAtoZのアルファベット順にアーティストのCDが置いてあるという惨状。
そんな状態で、CDなんか売れる訳がない,と。
日本も音楽は無料ダウンロードで済ますようになって、CDは全然売れなくなっていて、チャートに昔だったら1位を取れないような売上枚数でも1位を取れるという状況になっている。
でも、日本にはレコ屋もタワーレコードもレンタルショップもあるし、店に行けばきちんとジャンル毎に仕切られていて、スタッフも知識も活かされている、恵まれた状況にある。
だから、好きなバンドや本当に応援したいバンドのCDはダウンロードなんかで済まさないで、CDを買って応援するべきだし、このCDが売れなくてCD屋が潰れる、という状況に抗おうぜ、と。
好きなアーティストのCDは必ず買うし、買ったものは一生の宝物になるし、そういう聴き方をするから好きになる、というようなことを言っていて(以上、かなりの意訳ですが)非常に嬉しかった。


以下、駄文でかつだらだらと若干偏った意見を述べます…あくまでも私の個人的見解ですのでご了承の程。
まあ、個人的な事情で言うと、
データで音楽を聴くのがあまり好きではなくてiPod持ってなかったりするんですが、CDはアルバムを通して聴くのが筋であり、それがアルバムやアーティストに対して払う敬意なんではないかと考えています。
頭の固い考えと言われればそれまでですが…半分何だか意固地になっている所もあります。iPodはすごく便利なんですよね。内心、欲しいと思うこともあります。
データで音楽の管理をするということに抵抗があって(とは言え、私自身音楽が好きだから無料のものならDLしてしまっている矛盾を抱えております)やはり音楽は手に取れる形で持っていたいし、ジャケなどの装丁も含めてそのアーティストの作品だからという思いが強く、CDの曲を単体で聴くという行為が、ありがたみが感じられず嫌なのです。

以前に、私には拙い知識ながらもレコード屋での勤務経験があり、CD/レコードという媒体に対して並々ならぬ愛着があります。
素晴らしい音楽は多くの人に知られるべきだと考えており(また知らせる手段・機会を増やすのがスタッフの役割だと考えていました)、それを評価する手段が、相応の対価を払って作品を購入することだと考えています。
なので、今日のマーヤ氏の熱いMCに対して非常に共感する所があり、何だか嬉しくなってしまいました。
そして同時に、前職の仕事内容への恋しさみたいなものも、レコ屋を訪れると湧き上がってしまいます。
(併売チェックしてみたり、コーナーの乱れを直してみたり、最早職業病ですらあります…)

DLが絶対悪い、という訳ではありません(世の中の流れ上、この流通の仕方は避けては通れないものだと思っています)
でも願わくば、本当に好きなCDは手元において鑑賞してほしいなあ、と私も思うのであります。
まあ、個人の自由、と言われればそれまでですが…



ところで、マーヤ氏の歌い方が誰かに似てると思ってたけど、今日やっと分かった。
ギターウルフのセイジさんだ。(似ていませんか?)

横尾忠則と束芋

この二つを目当てに国立国際美術館に行ってきました。
横尾忠則全ポスター展

横尾先生の展覧会は過去にもちょこちょこ行ってたのですが、
今回は全ポスター展と題されており、先生のポスター作品が一挙終結ということで見たことのないポスターも多く、原画や色指定などを始めかなりの見応えでした。

全体的な感想としては、
先生のポスター展は4年ほど前にも京都国立近代で見ているのですが、個人的にはそちらの方が好きだなあという印象。
でも展示方法はなかなか面白かったです。
宙吊りで高さを変えて3列並行裏表展示、とかなかなか面白い展示方法だと思いました。
ただちょっと作品の間隔が狭かったのと、首がしんどかったのが難点でしたけど。
(でもポスター作品の大きさを考えるととても理に適った方法ですねスペースも最小におさえられるし)

先生特有のサイケデリックな色彩センスを生かしたポスターや、基本に忠実なデザインも見事なポスター、
コラージュを効果的に配したポスターなどなど年代別に区分けされており見やすかったです。
あと、GL○Yのポスターをデザインしていたのには、こんな仕事してたんやとちょっと笑いました。
ポスターに起こす時に、原画の配色も気を遣っているんだなあと学ぶ所も多い展示でした。


束芋:断面の世代 展
ドローイングとインスタレーション作品でしたが、個人的には横尾忠則展よりも面白かったなあと思いました。
インスタレーションについてですが、
得体の知れないものの不気味さが全般的に映像にちりばめられていて、その気持ち悪さはさながらレウコクリディウムに寄生されたカタツムリのようでした。
ドローイングについては基本のデッサンをおさえたもので、やはりこちらにも不気味さは感じられるのですが、物体があるものに変体していく発想力の柔らかさみたいなものにインスピレーションをばしばし受けました。
あと、作品の中に「バ イ タ」(勿論漢字で)とか単語が入っていたりして、ゆるさの中に強烈な毒を盛り込んだものもあり、見ていて純粋に楽しかったです。視覚に面白さを訴える平面表現力はすごい。


最後に強く思ったのは、何を表現するにしても基本デッサンありき、だなあと。
デフォルメで誤魔化している感のある作風の自分には痛い所をつかれた気になりました。
まあぐだぐだ書きましたけど、面白かったですよ。

2010年7月24日土曜日

映画

今年は映画当たり年な予感がしてます。
とりあえず見たいと思っているものをば。

シルビアのいる街で
七藝で9月公開予定

カラフル
8月21日~
TOHOシネマズ梅田で公開

これ見たいと思ったら、もう終わってた…
あの頃の子どもたち

2010年7月18日日曜日

7/17 Ust プレイリスト

ustream

1.beatles / real love
2.ann sally / disney girls
3.m.ward / to go home
4.cassndra willson / go to mexico
5.kathleen edwards / back to me
6.terry reid / dean
7. jeff lang / london
8. led zeppelin / ramble on
9.kaki king / close your eyes & you'll burst into flame
10.this is the kit / with her wheels again
11.cat power / ramblin'(wo)man
12. pura fe' / follow your desire
13.kelly joe phelps / big snaky
14.redbird / ships
15.elliot smith / tomorrow tomorrow
16.laura jean / the hunter's ode
17.fionn regan / hunters map
18.texas blues / good old war
19.bob schneider / come with me tonight
20.tete / la pudeur
21.van morrison / tupelo honey

です。
スペルミスあったらすいません・

2010年7月16日金曜日

パスの切り抜き方

メモです

1)ウインドウ>パスでパスパレットを表示
(レイヤーパレットのタブをパスに切り替え)

2)パスパレット右上の三角マークをクリック>新規パス
 適当に名前をつけてOK

3)ペンツーツで切り抜きたいようにトレースする

4)パスパレット右上の三角マークをクリック>選択範囲を作成

5)レイヤーパレットを選択し切り抜きたい画像のレイヤーを選択

6)編集>コピー(ctrl or comand +c)、編集>ペースト(ctrl or comand +v)

これでオリジナルは変更無く新規レイヤー上に切り抜いたものが
ペーストされます。


切り抜き時に使ったパスは捨てても良いし、
パスパレット上の何も無いところをクリックし非表示にでもしておく。

-------------------------------------

切り抜き時に別ファイルにしたい時は、手順6で
コピー>新規ファイル>ペーストで。

透明gifにしたい時は

切り抜いたもの
背景

とレイヤーがなっていると思うので背景を非表示(目のマークをクリック)か背景を捨ててください。

その後ファイル>web用に保存で透過gifが作成できます。

Web画像で使用ということであれば
JPEGは写真 文字などはgifと使い分けるのも良いと思います。
画像の荒れ具合が変わりますよ。

2010年7月7日水曜日

フォント

メモです

イラレでフォント一覧チェック
・書籍→フォントで見れる

フリーソフト
font viewerもあるよ

2010年7月4日日曜日

FOLLOW MEバッジ付け方

試しに実装してみました。
IE6では見られないようです。
以下自分メモです。

FOLLOW MEバッジ
こちらで色々入力後、スクリプトが表示されます。

で、Bloggerの場合はここでHTML文字列を変化させる必要があります。
< script >以下、!の前の”<” を
 ”<” の文字列に。
この閉じ”>” を
 ”>” の文字列に変更することで、対応しているということですね。

こちらを参考にしました


スクリプト記述場所は、の前に記述。
他にスプリプトを記述している場合は、スクリプトの前でも可。


更に、FOLLOW MEバッジに影を付けたい場合は

div#tfbTab {
-webkit-box-shadow:0 2px 5px #444;
-moz-box-shadow:0 2px 5px #444;
}
を、の前に記述すること。