2010年8月6日金曜日

インセプション見てきました

エディット・ピアフが聴きたくなる映画ですね(見てから一度も聴いてないけど)
とりあえずネタバレします、注意。
長くて小学生の感想文レベルです、注意

どんな映画だったかおさらい画像
周りの人の評価が良かったので、スルーするつもりでいたインセプションを見ることに。
したんですが、個人的にはあんまりでした…(と思ったけど、色んな人の感想見てたらすごい面白い映画のような気がしてきました)


いや、アイデアとかめまぐるしく動くカメラアングルだとか、キャストの使い方とかエッシャーのだまし絵的な世界観の作品の着眼点はすごく面白かったですが、展開に難アリかなと。
まあ、物語として完結させるにはああいう流れにするべきだったのは頷けますし、きっちりエンドマーク付けた姿勢は評価できます。
でも、もっと色んな人の夢に進入する、とかいう展開があった方が面白かったかなと。
というか、どんな映画なのかあらすじ見ないで行ったので(いつものことですが)途中から「思ってた映画と違う」っていう勝手な印象の方が強かったんですね。

始まってすぐの展開はかなり面白かったんですが、物語が進むにつれアクションが豪勢になっていく中で、私の興味は反比例して尻すぼみ。
あと、○○屋っていうのがいっぱい出てきすぎ(洋画に多いですよね)
私そんなに頭がよろしくないので、そんな短期間に色んな単語出されても覚え切れん・
登場人物の名前の把握すら怪しいのに…(あ、サイトーは覚えてます)


レディースデー+夏休みということもあってか前の方の席しか空いておらず体勢が見にくかった所為か、あんまり集中できず。
故に物語の展開についていけず。
ひたすら考えていることは、この役者、(500日)のサマーに出てきたよな、とか、パブリックエネミーズに出てきたよな、とか、謙さんカッコイイとかそんなことばかり。
アリアドネはやっぱりギリシャ神話のミノタウロスの話から来てるのかな、と一丁前なこと考えましたけど、劇中の登場人物名の意味について気付いたのはこれが初めてです。


キャストと登場人物の性格付けがぴったり一致していますね。
まじめで精密さを重視するアーサー役のジョゼフ・ゴードン=レヴィットと適当なイームス役のトム・ハーディの対比含めて面白かった。

あとどうでも良いんですが、外人、鼻高いから横になって涙流すと、目頭と鼻の間に涙がたまるんですねー。ちょっと感動したよ。


設計士であるアリアドネ(エレン・ペイジ)が設計した夢のはずなのに、デカプリオが介入(電車走らせたりモルが出てきたり)出来たのかよく分からなかったんですが。

終わり方はそう来たかって感じでしたが、肝心のインセプションは成功したのかという所が気になります。

まさに今から駒が止まろうとしているのか、それとも夢の中の話だから駒は永遠に回り続けるのか、回転がちょうどぶれ始めた所でエンドマークつけたところがニクイです。

まあ映画の内容から考えると、デカプリオメインであるから結果はどうであろうが主題とは関係ないんでしょうけど、 敢えてそこでフィルムを止めるって言うことは、まだ夢の中にいるって事も可能性として示唆しているんかなと見終えてから色々考えて、ちょっと思いました。
基本的に現実の世界に戻ってこれたと私は考えています。


でもこのブログにある 、(以下引用)
”この作品、一見するとつじつまの合わない箇所が後半に出てきます。

1.サイトーだけなぜあんなにも歳をとってしまっていたのか
夢の深くに潜っていくと、時間の経過が現実世界よりも早くなる。
そのため、サイトーはあっという間に歳をとったということが
考えられるが、それならばなぜディカプリオ演じるコブのほうは
歳をとっていなかったのか…。
深い階層へ侵入していたのはコブのほうが先なのに…。

2.虚無の世界にいた見知らぬ人たちは誰?
サイトーと虚無の世界で再会したコブ。
そのとき護衛の人たちに連れられ、屋敷へと入るが
はじめて虚無の世界に降り立ったとき、
誰も人は存在していなかったはず。
では、彼ら護衛の人たちはどこから生まれてきたのだろうか…。

3.キック(衝撃)によって現実世界に戻るのに…
夢への潜入から戻るとき、現実世界へ戻るにはキックが必要と
説明されている。またキックの元凶として上の階層では
車が川へ落ちたり、エレベーターを爆破したり、
基地を破壊したりしていたはず。
コブがサイトーと再会したとき、非常に平穏な環境になっていた。
ということはキックの元凶が起きていない!?
では、どうやってコブたちは現実世界に戻ったのか…。”(引用終了)

って言う疑問。
色々考えて、虚無じゃなくて夢(第4階層)なんじゃね?と思ったけど、
こういう解釈を目にしました。

以下、掲示板で見っけてきたもの↓
” ・最後のシーンの子供は、それまでと服と靴が違う(公式)
・年齢違いの子供のキャストは、モルと子供が砂浜にいるシーンが幼いから
・コブは夢の中でしか指輪をしていないようだ
・3層からコブ達2人が潜ったのは4層ではなく、リンボ(虚無)。
・リンボは深く深く潜ると辿り着ける、機械に繋がってる同士共有する潜在意識の世界
先に落ちたはずのロバートがいるのはそのため(現実世界のマシンで皆繋がってる)
・コブは昔リンボまで潜って建物とか作った事がある、それが残ってるところに落ちた
・サイトーはリンボに落ちた=夢の中という自覚がなかったから歳とった
(→サイトーは撃たれた時点でLimboに入ってるから歳いったような、という説の方が納得)
・海のシーンでドンドコいっている曲はピアフの(ry ”


っほー、なるほど。
これで大体解決しますね。
指環全然気付かんかったぜ。

こちらの考察もなかなか面白かったです
いやはや皆さん、頭がよろしいようで。
もう1回見たらもっと色々分かるかもしれんなあ。

2010年8月5日木曜日

無宿者的雑感


まあ、概ね予定通りの時間に苗場についたわけですが、着いて早々、SAKEは何呑もうかなーとか考えてたら、(地ビールのみました)見たいやつが予定通りに見れなかったんですよ。

グリーンの芝生に寝っ転がって諸々準備しつつocean colour sceneとか考えてたのに、あれよあれよと時間は経過し、気付けば3曲しか聴けてねえっ!!でも、大好きなhundred mile cityが聴けただけで満足です。
で、結構見たかったmountain mocha kilimangaro も2曲しか聴けず。
移動時間忘れてたんですねー。そんでもって、始まってる時刻、ocean colour sceneとだだ被りやん?みたいな。
あと、ごみ捨てたかったので、ボードウォーク通らずホワイト経由で行ったからちょっと遠回りになったのも大きいすね。ゆっくり出来たと思った頃には、移民の歌のカバー終わってたっていう。
そんでTシャツチェックしてたら、もうライヴ終わりかけっていう。
ちょっとspeedometerっぽいホーンセクションでした。

で、ちょっと難波さんに触れてみようかと思います。(あまり良い事は書きません)
私、高校時代はパンクキッズでして、月イチでライヴでかけるくらいライヴが好きでした。

ご多分に漏れずメロコアを通過し、言うまでもなくハイスタ大好きでAIR JAM 2000にも行った位でした(受験生なのに)
でも全然難波さんって分からんかったし、あまり歌にもピンとこなかった(すいませんすいません)
伊藤さんやと思ってたくらいだし。結局自分は『ハイスタの難波さん』が好きだったんだなあと思いました。でも彼のファンは今でも沢山いるし、彼を目当てに来たお客さんもいるだろうし、そういう連綿と受け継がれていく好きという情熱がなんだか良いなあと思いました。
色々あってメロコアは耳が受け付けなくなってしまって、今では聴かなくなりましたが、きっとハイスタがもう一度始動することになったら、見に行ってしまう気はしています。


ドノバン君はゆるーいステージでしたね。
終盤の客席に乱入してIt Don't Matterを客に歌わせるパフォーマンスは見てるほうも楽しかったし、これぞフェスの醍醐味だなあと実感。

歌えた人は嬉しかっただろうねえ。

foalsは前にも書いたけど盛り上がってた。
私好きですけど、実はまだ1st、2nd持ってなくて、いまいち乗り切れずすいませんでしたという反省。
でもパフォーマンスはレベルアップしてるし、今後も期待ということで。
こうブリンブリンで重低音バキバキのベースはいいなあと。
うちもあんなベース弾きたいわ、と思ったのはここだけの話。
今まで手数の多いベースが好きだったけど、和音とかルート弾き的なベースもいいんじゃないかと思いました。
(バッファロードーターも見たかったぜ。超よかったらしいぜ)
boom boom satellitesも見ましたが 、これまた3曲しか聴けず。
でもフェス用に有名どころの曲をやっている印象。
今は音が攻撃的というか、ゴリゴリ押してくる感じの構成なんすねー!
まさかfogbound聴けるとは思わんかった。しかも低音ブリブリ!
あとは川島さん礼儀正しいわ、とか中野さんも川島さんも色気すごくね?とかそんなことばかり考えてました。(大好きなんです、ブンブンサテライツ)

LCD見たかったんですが、眠気に襲われお休みタイム。
準備万端で見たatoms for peaceはすごかった。
まずトム・ヨークのいでたちに驚愕、コニチハー、ドウモーなどの日本語や、ステージ上で1人で笑ってたりするその様が非常にかわいくてレディオヘッドとの違いを垣間見た気がして新鮮でした。
あとフリーかっこ良かった。


で、今年のベストアクトは文句なしでmassive attackでした。
実はそんなにちゃんと聴いてないけどteardropは大好きで、やってくれた時はこう、ぞわぞわ鳥肌モノでした。
何て言うかケミカルブラザーズとかアンダーワールドとかみたいに、メインステージの大トリバンドはVJがいてナンボだなと。
目でも楽しめるというか、見てる方も俄然盛り上がってくるし、みんなVJつけるべきだよと思いました。
中居クン急性腰痛、とかね。シリアスな曲の後ろで時折笑いを誘う日本語が流れ、先輩と苦笑・
(VJに憧れた時期もあったんですよ。アフターエフェクト全く使えないけど)


以上、小学生の作文終わり

2010年8月3日火曜日

無宿者、苗場へ行く

今年は行かないつもりでいたのに、結局土壇場になって行ってしまったフジロック'10。

今までフル参戦だったので1日だけの参戦に若干の戸惑いもありましたが、最終日に1日だけ行くというのもなかなかに楽しいものでありました。
何と言っても、今日で終わりなのに自分的には始まったばっかですからね!
例の、現実に戻ってこれなくなる症状も無し!良い事尽くしじゃね?(私が求職中というのも大きいですが)
とか言って、本当は2日目から行こうとしてたけど、眼鏡忘れたり延着があったり腹痛かったので3日目からの参戦に切り替え。雨のこととか考えると結果的に行かなくて正解でした。

早朝出発(6:37京都発)で、越後湯沢に10:37頃到着(記憶曖昧)そこから蒸し蒸ししてる中、シャトルバスの列に並び13時頃苗場に着。概ね予定通り。

とりあえず着いたので地ビールでかけつけ一杯。
ビールなんてもう水のようなもんですね、とか思いながら会場へ急ぐ。

とりあえずこの日見ようと思ってたものがこれなんですが(初日・2日目は見たいと思ってたもの。何と空しいことをしているのか)、まあ理想と現実はほど遠く実際に見たものは、
ocean colour scene(2曲だけ)→難波章浩(チラ見)→mountain mocha kilimanjaro(2曲だけ)→donavon frankenreiter→ozomatli→昼休憩→jj grey & mofro(チラ見だけどこれがまた良かった)→foals→boom boom satellites→LCD見たかったけど眠気のピークだったのでアトムスまでお休み→atoms for peace→終演後トルシ江先輩と合流、麦酒のみつつ世間話→massive attack→scissor sisters→先輩帰る。
こっから1人で雨宿りがてらパレスオブワンダーで遊ぶ。
cumbias cumbias cumbias→willie willie martinez Y mambo loco(うまい)→dj大塚広子(これまた良かった)→jvc何とか
という感じで引き上げて帰りました。

おお、結構満喫しとる。

まあ今年は
・無宿者しんどい
・雨きつい
・今年良い写真撮れんかった
・難波さんやってるのを伊藤ふみおさんやと思ってたとか(AIR JAM行ったのにこの認識…)
・foals盛り上がっとったね(始めて見た時よりパフォーマンスうまくなってる印象)
・ブンブンサテライツの2人フェロモン出てんじゃねーの
・トム・ヨークかわいかった、フリーかっけー!
・ていうか素でアトモスフォーピースだと思ってたけどアトムスなのね
・苗場食堂のごはん食べ損ねた(売り切れとか)
・マッシヴアタックよかった、teardrop最高、中居くん急性腰痛
・シザーシスターズのフロント2人ええ身体してんなー、バックバンドうまい
・ウィリーやっぱ楽しい


こんな感じです。
来年はテントで参加しようかなとか思ったりなんだり

とりあえず、友達の「来年も(は)フジロック絶対行く」という一言は信じないことにしましたよ。