2012年8月23日木曜日

最近読んだもの・見たもの

「君はそいつらよりも永遠に若い」読了。
友達に勧められて読みましたが、本当に面白かった。
初めの方はおちゃらけた自堕落な大学生の話かと思いきや後半になるにつれ、
重々しくなって、少し驚きました。

そしてタイトルの意味を知った時の衝撃。
そういう意味だったんですね。
何かつまらない励ましなのかと思ってた。

確かに癖のある文体だったけど、龍でない方のM上氏の文章よりも読みやすかったです。


新潮社の「パンドラの匣」も読了。
付随収録されている、正義と微笑は、夏目漱石の坊ちゃんを髣髴とさせる
斜に構えた主人公の姿勢といい、面白かったです。
まあ、内容はうまくいかないことを周りのせいにするという太宰らしいテキストでした。
何となく人間失格のポジティブバージョンのような印象すら受けました。
あそこまで卑屈じゃないけど。

日記形式の短編(中編かな)ですが、やはり太宰は富岳百景などの短編・中編こそが至高のような気がしています。

日記形式ということと、やはり読者からの手紙を元に作成した小説ということで、
女生徒のような瑞々しさを感じました。


■映画

「黒猫白猫」
ずっと借りてくるまで、白猫黒猫だと思ってました。
序盤こそ退屈しましたが、からっとしたコメディで大変面白かったです。
主人公は爺でも孫でもなく親父組の方なんですね。
劇中何度も登場する友情というテーマがうまく演出されていますね。


「第9地区」
ノーマンズランドみたいに最終的な解決はないんですね。
結構えぐい、とは兼ねてより聞いていたものの、
思ったよりもゴア描写ありましたね。
夜中に見ていたので、少し後悔しました。
主人公がよく喋ると思いました。

「アメリ」
面白いと言う人と、面白くないという人両方が周りにいたので、
本当のところはどうなのか、と思い見ましたが、
個人的には可もなく不可もなく、というところでした。
面白いと思えるかどうかは、アメリに共感できるか、にかかっていると思いますが、
引っ込み思案というか尻込みしすぎてて、少し苛立ちも感じました。
映像はなかなか面白かったです。

「ドラゴン・タトゥーの女」
ダニエル・クレイグ男前でした。
あとルーニ・マーラがかわいかった。
最期にリスベットがまたやさぐれ出さないかちょっと心配になりました。


「ジェーン・エア」
舞台衣装目当てで見に行きました。
まあ、本当に衣装は凝ってました。

0 件のコメント:

コメントを投稿